いざという時に役立つ!防災グッズを揃えよう

>

日頃から家庭に備えておきたいもの

食糧や飲料水は必須

例えば河川の氾濫などにより住宅が孤立してしまった場合、自衛隊や消防による救助が来るまでの間、自宅にこもっていなければならない事態も予測されます。
自宅から出られないにも関わらず、ライフラインが万が一停止してしまっているようなケースであると、生命を守り、健康に過ごすために、必要なグッズを備えてあるかどうかが、生死を分ける場合ももしかしたらあるかもしれませんね。

では、自宅にどのような物を備えておけば安心なのかと言いますと、まずはやはり生きていくうえで欠かすことのできない、飲料水と食糧になるでしょう。
このような飲料水や食糧は、長期保存が可能なレトルト食品や缶詰などを用意しておくのが望ましく、また調理ができないことを前提として、火を通さなくても食べられるものを準備しましょう。

医薬品や停電対策のアイテムも準備を

自宅にストックしておきたいものとして、飲料水と食糧以外に、医薬品や停電時に遣える懐中電灯やろうそくなどが挙げられます。
ライフラインがなく、満足に食事ができない生活が長期化してくると、思いがけず体調を崩す事態も想定されますから、それに備えて基本的な医薬品のセットというのは準備しておきたいですね。
また、怪我などをする場合もあるでしょうから、消毒液や絆創膏、ガーゼなども、常に家にある状態にしておきたいものです。

電気が復旧するまでは、夜は真っ暗な中で生活しなければなりませんので、懐中電灯やろうそくも家には備えておく必要があります。
また、情報を収集するうえで、スマートフォンなどが使えなくなっても、手巻き式のラジオであれば使えますので、家にあると安心度が高いです。


この記事をシェアする